ホワイトニングは、横浜市のホワイトニング・インプラントセンターへ

ホームホワイトニングは簡単で低価格でやれる。  そこで、パソコンで一番値段の安い歯科医院を探そう!と思っているあなた・・・ 上手い話に飛びついてしまいがちですが、「ホームホワイトニング」は貴方の健康を蝕んでしまっている可能性があります。 治療を受けようと考え、行動を起こす前に、まずプロフェショナルからの考察を理解してから始めた方が賢明ではないでしょうか? 従来のホワイトニングは、たいていの歯科医院でホームホワイトニングを主に行っていましたが、なかなか白くならず時間ばかりかかって途中で投げ出してしまう患者さんが多いことが問題視されていました。 それでも辛抱強くがまんしてホームホワイトニングをやってみたものの、これは本当に健康面で我々に有利だったのでしょうか?かなり以前の話ですが、私が友人のお医者さんに歯のホワイトニングを勧めてみたところ、苦笑いして「薬はあんまり体に良くないんだよな・・・」とポツリとつぶやいていました。彼は、ホワイトニング薬剤の活性酸素・フリーラジカルのことを気にしていたのでした。10年程前に、日本国内でホームホワイトニング剤が厚生労働省の認可を受けて発売されて、ホワイトニング人口は爆発的に増えてきました。実際に、私もホワイトニングの師匠と仰ぐ近藤隆一先生から、ホームホワイトニングで歯を白くできることと、その極意を教わってからホワイトニングの魅力に取り込まれた一人でした。 ただ最近になってホームホワイトニングのように、長期に渡って薬剤を口から摂取してしまうことは健康面からは、あまり勧められないことであったことがわかってきました。確かに、ホームホワイトニングは、ホワイトニング治療における歯の白さを継続させるための必須な治療のステップではありますが、ホワイトニングの原理を再考した結果オフィスホワイトニングを有効に活用した「トータルホワイトニング」という手法が、「早く 楽に 安全に 歯を白くする」ことに最適なことがわかってきました。 院長山本達郎は、前述の通りホワイトニングで世界的に有名な近藤隆一先生に師事し、様々なホワイトニングを試しながら10数年の臨床経験・学会誌報告活動を精力的にこなしてきました、そうした成果が歯科界に評価されたことで、母校の東京医科歯科大学歯学部で近藤先生とホワイトニングのジョイント講演の要請を受けたり、各歯科医師会や歯科衛生士会など数々の啓蒙講演を行ってきました。 特に、2009年東京医科歯科大学での講演では、ホワイトニング学において未整理なまま放置されていたことや誤った慣習に染まっていた臨床を修正した上、再構築を行い「正説ホワイトニング」としてまとめ、そこから導かれた「トータルホワイトニング」の優位性を解析し、ホームホワイトニングばかりの慣習に浸っていた日本の審美歯科界に激震を与えました。 従来の米国追従型で手垢にまみれたホワイトニングのやり方を、初めてサイエンスに裏打ちされたストイックな「医学」の土俵に格上げしました。結果的に、それまで単なるコスメに過ぎなかったホワイトニングを医師の矜持に変えました。厳格な診断と明確な予知性の提示は、ホワイトニング本国アメリカを超えて最も皆様方の健康に留意した思想へ発展するようになりました。 このメリットを歯科界に啓蒙する活動を積極的に行っている傍ら、おしゃれな方々のために「早く 楽に 安全に 白くなりたい」を実現するように日夜努力を重ねています。 ホームホワイトニングからトータルホワイトニングの新時代へ、ホワイトニングの世界は医学への道を滑走し始めたばかりです。 是非 新しく正しい安全な"超速"ホワイトニングの世界を味わってみませんか?