ホワイトニングの歴史と現代の治療法紹介

ホームホワイトニング薬剤は一般的に過酸化尿素10%、あるいは15%のものを使用することが多いですが、20%以上の濃度をもった薬剤がメーカーより販売されています。濃度が高い方がホワイトニングの反応は早いはずですが、同時に知覚過敏や高濃度の過酸化物の摂取の危険性を考慮し、短時間での施術に限定されています。  つまり、高濃度のホームホワイトニング剤は、既定の治療法とは全く異なる使い方をしないといけませんし、歯科医療機関も患者様に窓口で販売してはいけない商品ですので注意してください。このように使い方に注意が必要なお薬ですが、診療所内で管理した状態で使用するなら非常に有効な薬です。 上手に使用すると患者様のホワイトニング治療のサポート役になれます。ホームホワイトニングよりは効果的、オフィスホワイトニングよりは効果は低いですが簡単で費用もあまりかからないメリットがあります。