ホワイトニングの歴史と現代の治療法紹介

加熱や光照射という物理的なエネルギーをフリーラジカルの分解に利用していた発想を180度変換した治療法です。  1968年米国の矯正医が、口腔内に炎症を起こした患者にカスタムトレーを使用して過酸化尿素を使用したところが歯の漂白作用を示したことに着目し、臨床応用したのがホー ムホワイトニングのきっかけとなりました。薬剤を長時間口腔内に保持させることが難問でしたが、現代ではオパールエッセンス(ウルトラデント社)などの優れたホワイトニング剤が生産され、ホームホワイトニングという治療法の完成がみられました。

  • 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンターでは図のような粘り強い薬剤を皆様方のホワイトニング効果が高まるように採用しております。このような稠度(粘り)をもっている薬剤は世界中探しても他に見当たりません。オパールエッセンスはホームホワイトニングでは最も相性のいい薬剤です。