トータルホワイトニングの治療手順

1.術前診査・診断 

ホワイトニングは歯科治療なので、口腔内を診査しないで行うことはできません。術前に齲蝕診査・歯周組織検査・レントゲン診査・咬合診査などを行います。そしてホワイトニングの治療計画を立てた上で進めます。

2.歯石除去・PMTC・カスタムトレー用印象採得

お口の中に大きな問題点がなければ次に、歯に付着している歯石や歯垢を歯科衛生士がお掃除します。歯が汚れていてもホワイトニングはできますが、ホワイトニングしたあとに汚れが残っているのは見栄えしません。また、ホワイトニング中に、歯の着色した汚れに薬剤が反応するため効率が悪くなります。次回に予定するオフィスホワイトニングに継続して行うホームホワイトニングで使用する精密なカスタムトレー製作の準備を行います。

3.ZOOM AP(ディスカス社)の照射器キット

  • 1
  • (左図)でオフィスホワイトニングを行います。
    オフィスホワイトニング薬剤は高濃度の薬剤であるために、直接歯肉に触れると強い炎症が起きるので以下の手順で目・顔の皮膚・口腔内粘膜・舌すべてをガードしてゆきます。
  • 2
  • アイガードを装着したあとにnew IsoPrep™ retractorを装着する
    コットンロールを上下に装着
  • 3
  • ガーゼを折りたたんでリトラクターに絡ませる
  • 4
  • 術前診査・デジタルカメラでお口の中を撮影し診断と術前の記録にします
  • 5
  • フェイスガードを装着
  • 6
  • 光重合レジンにて歯肉部を完全に遮蔽する
  • 7
  • プロテクション後ホワイトニング薬剤を塗布し、リトラクターにライトガイズを嵌めてZOOMAPにて照射
  • 8
  • オフィスホワイトニング後の白い歯 目と歯の明度のコントラストバランスが良くなっている。ホワイトニングの理想的な結果が出ている。この症例は薬剤がZOOM 光源がZOOPAPで15分×3回照射した

4.ホームホワイトニングを最短期間で施術

当院で作成した精密なカスタムトレーを用いてホームホワイトニング専用の薬剤を用いて自宅などで、ご自分でホワイトニングしていただきます。ホームホワイトニングのやり方は当院スタッフが懇切にご説明いたします。また、冒頭にも記しましたが国内製品ケースなどに記載してあるマニュアルは間違っておりますので、正しく記載した当院オリジナルマニュアルを皆様方にお渡ししておりますのでご安心なさってホワイトニングをしてください。

5.スピードホワイトニングと経過観察

当院のホワイトニング治療メニューはコース形式になっており、そのいずれもがスピードホワイトニングによる、フォローアップ特典付きになっています。ホームホワイトニングを開始して1,2週間後にご来院いただき約30分ほどのお時間を頂いて、当院にてホワイトニングのサポートをいたします。この処置の費用はコースメニューに含まれておりますので、プライスレスです! ホームホワイトニングを継続しながら、知覚過敏などへの対応や歯の色の変化を即時にビジュアル的に比較いたします。このときスポット(白斑:注1)やバンディング(横縞:注2)、部分的な強度変色域などがある方、テトラサイクリンの重度の変色(注3)がある方には個別にご対応させていただきますのでご安心ください。

注1
スポット(白斑)
注2
バンディング(横縞)・強度変色域
注3
重度テトラサイクリン変色歯
9 10 11